お知らせ

back
スペイン研修

特集その他

2019の夏、学生、大学院生、留学生、教員の18人で、スペイン建築研修旅行に行きました。9月の残暑の暖かい気候の中、青い空の下での旅となりました!

バルセロナ、オロット、マドリッド、ビルバオ、バレンシア、セビージャ、コルドバ、グラナダといった都市をユーレイルパスを使ってスペインの国鉄鉄道(特急列車AVEなど)で周遊する内容の濃い建築研修でした。

 

バルセロナ到着の夜!

皆でスペイン料理の夕食を頂き、明日からの周遊に備えてゆっくり休みました。

 

 

初日、学生たちの朝は、ホテル横のローカルなカフェテリアで始りました。カフェ・ソロ(エスプレッソ)とクロワッサンを注文。

 

まず最初に、ガウディのサグラダ・ファミリアの訪問です。

 

サグラダ・ファミリアは現在も建設中の大聖堂。

 

ガウディの作品を通して、建築や構造のエッセンス、ものづくりへの姿勢を学びます。

 

昼食は、ハモン・セラーノのバゲットを頬張り、グエル公園へ!

地形や自然を生かした造形に、ガウディのセンスと偉大さに改めて驚かされます。

 

グエル公園のあとは、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナ・パビリオンを訪れました。近代建築を代表する名建築を実際に体験しながら学びます。

 

コロニア・グエル教会にも行きました。

 

道中の町にはカタランの煉瓦の建築が多くみられます。とても素敵な風景です。

 

二日目はグループに分かれて、バルセロナの街並みを楽しむチーム、レンタカーを借りてバルセロナ近郊を周遊するチームと別れて行動しました。それぞれの興味に合わせて学生、教員で話し合いながら行動します。

 

カサ・ミラ。世界遺産ですが、実際に住人が住んでいます。

 

カサ・バトリョ。

 

隈研吾さん設計のCAMPER!

 

伊東豊雄さんのタワーも!

 

近郊の町タラッサにあるムンクニルの紡績工場。

 

オロットやその周辺ではRCRの建築を訪問。訪れてはじめて気づく丁寧な仕事やその場所の空気感に触れました。

 

 

スチールのディテールに触れる、勉強熱心な学生たち。

 

三日目は、ゴシック地区周辺の見学。カタルーニャ音楽堂、ゴシック地区のカテドラル。そしてエンリック・ミラーレスのサンタ・カタルーニャ市場と、街に開いた市場(メルカド)の建築を体感します。

 

建築見学の間を縫ってメルカドで軽食、少し買物もしました!

 

午後はバルセロナ現代美術館などを訪問しました。

 

バルセロナは素敵な街で、旅立つのが名残惜しかったですが、夕方にはマドリッドに移動しました。

 

ラファエル・モネオ設計のアトチャ駅到着。


 

四日目は、ビルバオを訪問するチーム、バレンシアを訪問するチームに分かれて行動です。

ビルバオのチームは、フランク・O・ゲーリーのグッゲンハイム美術館を見学。

感動です!

 

バレンシアでは、サンティアゴ・カラトラバの建築を、マドリッド郊外では、エドゥワルドトロハの競馬場など、構造美を表現した素晴らしい建築を訪問しました。

 

五日目は、全員でプラド美術館、ソフィア芸術センター、カイシャフォルムを見学しました。ラファエル・モネオ、ジャン・ヌーベル、ヘルツォーク・ドムロンの建築を楽しむと同時にルネッサンス以降、近代、現代のアートに触れました。

 

夕方にセビージャに移動です。

 

六日目は、コルドバの世界遺産、メスキータを見学しに行きました。

カトリックとイスラムの世界の融合が生んだ素晴らしい建築です。

増築を繰り返し、使われ続けた建築です。

素晴らしい建築は時代や宗教の枠組みを超えてもそこに存在し続けます。

反復するアーチが生み出す幻想的で荘厳な空間を体験しました。

 

記念撮影!

 

七日目、グラナダを訪れました。

 

アルベルト・カンポ・バエザのグラナダ文化センター。

 

市内を移動です。ここまでくると地下鉄やバスも慣れたものです。

 

その日の午後は、世界を代表する名建築、アルハンブラ宮殿を訪ねました。

水、光に彩られた空間体験。建築のエッセンスに触れる貴重な経験となりました。

 

たくさん歩いて疲れたので少し休憩!

 

 

皆で一緒に食事をつくったり、誕生日のお祝いもしました!

 

最終日は、セビージャからマドリッドに移動、最後は自由行動で街を楽しんだり、買い物をしたり思い思いに過ごしました。翌日の帰国は早朝からバラハス空港へ移動し関空へ飛び立ちました。リチャード・ロジャース設計のターミナルを見学し最後まで大忙し!

 

よく学び、よく遊び、とても充実したスペイン建築研修でした。

忘れることのない貴重な経験となりました。

 

 

 

posted date 2019.11.01
関連記事

twitter