お知らせ

back
子ども建築ワークショップ
0

イベント案内

1

土曜日は朝から、大学主催の子ども建築ワークショップを実施しました。

お店のファサードをデザインします。はじめに、道路を歩いているといろいろな建物があること、街並みは1軒1軒の集合で、街の雰囲気が決まることを伝えて、京都の街並み、世界の街並みを写真で紹介。世界のドアと、世界の窓についても写真で紹介しました。

どんなお店をつくるか、考え始めます。

0 2

まず、はじめに準備作業として、厚紙から模型のパーツ 1ケを切り出します。

3

仮止めをして、立体のかたちを確かめます。

4

模型を真横から見たのが立面図であることを各自で確かめます。

それから正面のファサードを立面図として描いていきます。

パン屋さん、ケーキ屋さん、塾、花屋さん、本屋さん、自分の家などなど思い思いに考えています。

5

立面図ができたら、そのデザインにそって、先につくった建物の壁、屋根をつくります。

6

側面までデザインされています。

7

驚くことに、インテリアまで作られています。今までこのワークショップは数回実施していますが、内部まで手をつけてくれたのは初めてです。

8

わずか2時間の作業で、子どもの家30軒+お母さんの家5軒=35軒の街並みが完成!

同じ形でも、デザインによって、さまざまな表情が生まれることを体験してもらう事ができたと思います。

このワークショップは、建築学科3年生のボランティア学生が実施しました。いつもは建築を学ぶ学生ですが、ワークショップでは、建築を教えるお兄さんお姉さん先生としてアドバイスを行いました。

7名の学生のみなさん、お疲れ様でした。

上垣 上垣さん

浅野 浅野君

 中谷君中谷

渡邉 渡邉さん

唐木 唐木さん

内田 内田さん

あやり 窪内さん

 

 

 

posted date 2017.07.17
関連記事

twitter