お知らせ

back
セイカ建築のバック
11

その他

セイカ建築学科のバックをつくりました。

12

Tシャツと同じデザインです。厚手の生成りのキャンバス地に黒色でプリント。ついでにシールもつくりました。

13

マチがついているので、A4サイズで10センチは入ります。学生たちはいつもノートパソコンとスケッチブックと、たくさんの教科書など(時々かも?)をカバンに入れて通っているので、とても重そうにしながら風光館までの坂道を登ってきます。

バックにはTシャツと同様に、「京都精華大学デザイン学部建築学科」などの日本語名称は、入っていません。デザイナー(3年生の森澤君)のこだわりです。したがって、残念な事ですが、建築学科の広報としての効果はあまり期待できません。

このバックは使ってくれる学生たち全員にプレゼントしています。卒業した後も、末永く使ってくれることを信じています。

 

 

関係ないですが、建築学科の新しいホームページになってから、5年目。

この記事で、「108回目」のお知らせになります。早いものです。

関係ないですが、108は煩悩の数。

ふっきって、2巡目に入りましょう。後期も後半に入ります。

posted date 2017.11.30
関連記事

twitter