お知らせ

back
新入生トレーニング
P1100924

その他

2006年度から続く、建築学科1年生への前期授業開始前集中トレーニング。

昨年までは5日間の集中授業でしたが、今年からは3日間にしました。理由は、大学全体での初年次教育内容が充実してきたため、建築学科としてレポートの書き方やメジュメ作成のこつ、などを教えなくても良くなったからです。CIMG3883 - コピー

 

まずは、「建築家の学校」としてのセイカ建築学科の歴史を学び、90分授業の初体験、設計士と建築家の違いについて学び、さらには卒業後の各自の進路について、セイカ卒業生情報を紹介しながら考えます。この学科ホームページの卒業生コーナーに記載されている「在学生への言葉」は本当に貴重な情報で、新入生に4年間の学び、学生体験の指針を与えてくれるものです。

 

毎日、異なるメンバーでチームをつくり、共同作業を行うのですが、それはコミュニケーション力を高め、そして、一日も早く友達をつくることが最も大事な狙い。多くの新入生が入学後に「友達ができるか?友達とうまくやっていくことができるか?」を心配事にしているからです。これは小・中・高校生から続くことですが、社会人になっても同じ事。

 

今年のディスカッションテーマは、「今、心配な事」、「記憶に残っている風景」、などなど。

予想通りに、すぐにワイワイガヤガヤ、笑声が絶えません。教員としては、一安心です。

P1100923

建築家のミースを知り、グループで「ミースを紹介する」作業を行い、発表する事も毎年の恒例行事になっています。

P1100928

定員は32名なのですが、今年は入学辞退者が予想よりも少なく 結果40名の1年生。セイカ建築の 第31期生です。

授業の始まる来週からは賑やかな実習室になるでしょう。楽しみです。

 

 

posted date 2017.04.06
関連記事

twitter