セイカ建築

<
>

学びのポイント

建築コースでは、個人の住宅から商業ビル、公共施設、さらには都市全体の計画までを学びの対象としています。学びのキーワードは「デザイン」。空間をつくり出すことによって新しい社会や暮らしのあり方をデザインすることが、これからの建築に求められています。そのため、人と空間、空間ともの、都市や環境の関係性について考え、建築物を設計すると同時に、空間を構成するインテリアや家具のデザインにも取り組みます。もちろん、一級建築士、二級建築士の受験資格が得られるカリキュラムが組まれています。自分のつくった住宅で家族が仲良くなる。そんな空間をつくり出すデザイナーがここから生まれます。

4年間の学び

建築家として第一歩を踏み出す。

最初に受けるのは「建築概論」の授業。建築とは何か、建築家の仕事、建築業界といった建築を取り巻く状況を知りつつ、卒業後の進路までをみすえて、建築コースでの学び方を理解していきます。1年次の実習では、空間デザインの基本を身につけます。人間の身体を基準にし、対象となる空間のスケールを身体から室内へと少しずつ拡大させるにつれて、デザインする対象も照明、家具、インテリア、そして個人住宅や集合住宅へと変化。デザインの基礎技術に加えて、身体とものと空間との関係性について認識を深めていきます。また、建築図面の描き方や模型のつくり方、プレゼンテーションの方法も習得します。建築家になるための基本をあらゆる側面から身につける1年になります。

想像力をきたえて空間の可能性を広げる。

建築をデザインすることは、人間と人間、そして人間と自然や社会との関係をデザインすること。建物はただの箱ではなく、自然や社会との関係のなかにおかれ、内部では人びとの生活が営まれているのです。そこで「永遠に毎日雨が降りつづける環境における建築」「すべての住民が憎しみ合っている都市における建築」などと極端な条件を想定した課題に取り組みます。想像力や思考力をきたえ、建築が自然環境や社会関係に対してもつ力をつかみ取るのがねらいです。さらに、都市計画に関わる行政の仕組みや法令について理解し、ある地域で現実の課題を解決するためのまちづくり活動に参加するなど、空間とそこに生きる人間のあり方の多様性を学ぶ1年となります。

スタジオに所属してプロから学ぶ。

建築家になるためのもっとも効果的な学習方法は、一流の建築家のもとで実践的に学ぶこと。そこで建築コースでは、3・4年次は第一線で活躍する教員が主宰するスタジオに所属する制度を設置。それぞれのスタジオで取り組む独自のプロジェクト(課題)が発表され、学生は将来の目的と関心に合わせて所属スタジオを選択します。また、課題で制作した作品は「オープン・ジュリー」と呼ばれる公開審査会で評価されるのも大きな特色。学外から著名な建築家も招かれ、プロフェッショナルな観点から批評を受けられます。さらに、作品を商品として流通させる方法や、インテリアや家具といった空間づくりなど、活動の幅を広げる授業も。よりいっそう実践的になる1年間です。

ひとりの建築家として自立するために。

引きつづきスタジオに所属し、卒業制作に取り組みます。建築コースでは、建築という言葉を幅広くとらえ、あらゆるスケールの空間デザイン、多様な目的をもった建築物について学ぶため、卒業制作もバリエーション豊か。伝統と現代建築が融合した劇場に、水田の形状までふくんだ農業空間の提案。日常生活に運動を取り入れた健康増進都市計画。さらには映像で空間を演出するアート作品までもが並びます。また、卒業制作もオープン・ジュリーの場で公開審査されます。ここでは社会への出発点であり未来への姿勢をしめすものとして作品を発表することが求められます。
4年間の学びを経てそこに立っているのは、学生ではなく、ひとりの建築家としてのあなたです。

産学官連携プロジェクト
京都精華大学建築学科では、産学官連携プロジェクトとして、現実のデザイン業務を幅広く行っています。プロジェクト毎に教員と学生有志達でチームをつくり、実際にお客さんとの協議を経てデザイン業務を行うことで、社会との関わりや、実践的なスキルを身に付けています。

過去の実績
・照明器具、空気清浄器、ベンチなどのプロダクトデザイン業務
・家具製作を含むカフェ等のインテリアデザイン業務
・住宅および住宅地の設計業務
・集合住宅の設計業務
・企業団体が使用する集会所の設計業務
・ショッピングモール等の大規模商業施設の基本デザイン業務
・工場等流通施設の設計業務
・未来の都市デザイン、マスタープランの作成業務

企業様へお願い

産学官連携プロジェクトに参加していただける企業様を随時募集しております。お気軽にお問合せください。